FC2ブログ
Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここにする!/土地との出会いその2

購入した土地は約21坪。当初の希望条件からは少し小さめにはなりましたが、陽あたりもよく整形地なので大満足です。

建蔽率は60%ですが角地なので「すみ切り」(長さ2mの底辺をもつ二等辺三角形で角をきること)をすることで、70%まで増やすことができます。これを使わない手はない。。

ここに我が家が建つのだ。。購入した土地を眺めながら感慨深く決意を新たにするのでした。

実際「ここにしよう!」と決意したのは早かったのですが、購入にあたり「住宅ローン」をどの商品にするか?が次なる課題です。

いろんな金融機関のローン商品、変動金利/固定金利、フラット35、つなぎ融資…どれから検討を始めればよいのか??これも情報をかき集め、検討開始です。

超低金利時代とは言いますが、どのローン商品を選べばお得なのか?むりなく支払できるか?など、金額が金額だけに検討もかなり慎重に行いました!(続きは次回!)

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ここなのか・・・?/土地との出会い

工務店は概ね候補の業者さんが絞られてきた中、やはり土地はナカナカ条件にあう物件が出てきません。(土地探しの条件はこちら

土地探しは主に、不動産仲介業者からの情報、Webの物件情報サイトでの非公開物件情報(サイトに会員登録すると閲覧/配信されるもの)で行っていました。

実際に気になるものは内見にも行きましたが、思った以上に狭かったり土地形状が悪かったり、ある物件では隣家の視線が気になったり・・・図面では解らないものが内見にいくと見えるものです。契約するには至らないものばかりでした。

都内で30坪の土地探しは思った以上に難航してしまいました。

土地の広さを少し落とすか、エリア条件を緩めるか・・・
予算内で土地を収めるには、もはやこの決断が必要な状況です。

30坪という条件も、「建坪は15坪程度欲しい」という理由からそうしていましたが、建ぺい率を60~70%取れるような場所なら、もう少し坪数を抑えられるし、、、
加えて、東京都下で通勤にも不便を感じないような場所なら、、

いろいろと緩める条件を模索しながら探し続ける事、約半年。。。

見学会などへも参加し、懇意にしていた工務店さんからの紹介で、都内のある土地情報を頂いたのです。
敷地約27坪。セットバックや私道部分などを差し引いて、『約21坪』の整形地です。

場所や交通アクセス、土地形状なども驚く程好物件(当然まだ公開前物件)でしたので、ほぼ「一目惚れ」で申し込みを入れました!(これまでの物件探しで、判断が遅く他の人に契約されてしまった経験があったので、今回の判断は、我ながら「俊敏」でしたw)

情報をくれた工務店さんに感謝しつつ昨年の10月、無事念願の土地を手に入れました!

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

土地探し

家を建てるには当然土地が必要。しかしそのような土地を所有しているわけでもないので、物件サイトを中心に土地探しを始めました。

われわれの希望は、

○都内
○土地面積30坪くらい(建坪15坪くらい)

これに、われわれが出せる予算を組み合わせて探しました。

一番ネックとなるのは、やはり「予算」ですね。
土地+建物の全体予算を決めているので、土地が高くなれば自動的に建物予算が減ってしまいます。

理想は土地と建物の割合が「半々くらい」だそうですが、その条件だとナカナカ理想の物件は出てこず、しばらくの間はひたすら理想の物件が出るのを祈りつつ探していました。

この時点では「建物にいくらかかるのか?」がまだそんなに解っていなかったので、土地購入に出せる金額も不安を抱えたままの物件探しです。
そのため、家を建ててもらう「工務店」探しも並行して進めることにしました。
AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。