FC2ブログ
Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土台や柱を乾燥させる…通気層工法!!

断熱材のセルロースファイバーが充填されたおとだ家。
東京も気温の緩急があるものの、これからは本格的な寒さ到来!

大工さんも断熱材施工前と後では全然違うと仰っていたので、本格的に寒くなる前に断熱工事が終わって良かったです…。充填のパンパン具合は今週末現場に確認してきます。

さて、おとだ家の工事で大きく進んでいた事…それは「外壁下地工事」です。


先日現場で見てきたおとだ家外壁の様子です。

外壁下地工事

モイスを張った後、調湿防水シートを張った状態でしたが、その上に杉の下地板が張られています。

よく見ると構造下地と杉下地との間には「2cmほどの隙間」が空いています。
この隙間が「空気の通り道」になります。

外壁構造材の外に空気が流れるようになると、土台や柱などの構造材をいつも乾燥させ結露を防ぎ、かつ強度を保つことができる…というわけです。
また断熱材の外側に空気層ができ、断熱効果も数段増す、という効果も得られます。

この状態から更に防水シートをはり、モルタル下地を塗ったあと、おとだ家が【とことん】色にこだわった「ジョリパッド」を施工する、という流れとなります!

「通気層工法」というそうです。なるほど!

工程を知ると、施工内容も「フムフム」と理解することができ、ピュッと出ている電設工事の配線までも、ニヤニヤしながら見てしまいますね!!


そして間もなく、工務店さん主催の、おとだ家「構造見学会」が開催されます。
同じように家づくりを検討している方の参考になれば、と思いますが…これまでは参加して勉強する立場だったのが、今回はお見せする立場…。

何だか緊張しますね!


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『ぽち』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。