Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成が大幅に延期!・・・「つなぎ融資」はどうなる?

A社との話し合いを終え、安心した思いと「建物完成が来年3月」という驚愕の現実を知ったことによる呆然とした思いが入り混じるおとだ家・・・。


単に完成が遅くなるということだけなら我慢すればよい話なのですが、この件についておとだ家には懸念があります。

『つなぎ融資』です。


現在、おとだ家は土地取得分のローンは、建物の完成時に、建物+土地分をあわせた債務を『住宅金融支援機構』が買取し、合計債務を『フラット35S』として返済するプランでローンを組んでいます。

いわば、現在は『建物完成までのつなぎ融資中』のため、元金を返済することが出来ません。
(機構買取までの間は、融資額の利息分のみ毎月支払うかたちです)

・・・。
気がかりはこのローン商品の『つなぎ融資』期間です。(おとだ家が組んだローンに関する振り返りはこちら


融資期間は『最大一年間』だそうです・・・。
うわあぁぁぁー・・・!

まさかこんな長期化するとは思っていなかったので、最大一年間の期間は問題ないと思っていたのですが・・・まさかの手戻り&時間のロスにより、『一年間の最大猶予』を超えてしまうことが『確定』してしまいました。


・・・。
っつーか、大丈夫かよ・・・モロモロ。
今回の一件は、いろんなところに大きな影響を及ぼしていることをまたしても痛感・・・。
また、B社のことを呪いたい気持ちになってしまいました。


さっそく、銀行のローン担当者に連絡。
工務店が変わる旨は事前に連絡済だったのですが、工期が大幅にずれ込む件についてはまだ話していません。

・・・。
担当者の話では、一年を超える場合は所定の手続と契約時に提出した書面(フラット35実行予定日などを記載した書類など)の修正を行えば、基本的には大丈夫、との事。とりあえず一安心です。


でもなぁー。
毎月の利息でも相当な金額です。こちらもイタすぎる代償となってしまいました。

おとだ家完成までに、余計な出費をまたひとつ覚悟しなければならなくなってきました・・・。

いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。