FC2ブログ
Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この度はスミマセン・・・設計担当者からの連絡

今週末のA社打ち合わせに先立ち、おとだ家ではプラン作成について、事前に要望事項をリストアップしておきました。

結果的には実現不可能であったB社プランですが、とはいえA社のプランと比較して魅力ある部分もあったことは否めません。

A社B社のプランを比較検討した結果、B社に傾いた要素とその理由を抽出していくと、A社プランには無かった間取り上の観点がリストアップされてきます。

A社に再度家づくりをお願いするにあたり、この観点を一度『検証』して頂こうと思いました。

A社から見たら、その観点はプラン比較において、いわば『他社に敗れた』要素。

ただ、その観点が『施主側の素人判断による結果』なのか、『設計上の着眼点が優れていた結果』なのかが、判断できていません。

・・・。
はっきり言ってB社の設計力は甚だ技量を疑う限りでしたが、「これはいいなぁ」と思った箇所もいくつかありました。なのでこれらの要望事項については、A社に失礼の無い範囲で検討してもらいたい内容と考えています。


でも当然、A社の考えもあると思いますし、他社の図面を持ち出して『この通り作って』などというお願い事自体あり得ませんので、要望事項のみをまずは先方に伝えることにしました。

・・・。
数日後、当時おとだ家のプラン作成を担当して下さったA社の設計の方から返信のメールを頂きました。


おとだ家のこれまでの非礼を許してくださるばかりか、『再びわが社をご指名頂き嬉しく思います』とのお言葉が添えられていました。

・・・。
ますます思います。『ホントこの度はスミマセン!!』


要望事項について、検討して頂けることとなりました。しかも『図面をぜひお持ちください』とまで言ってくださいました。

他社の図面を見せられるのも決して気持ちいいものではない筈ですが、おとだ家の要望事項の理解を深めるために参考になるから、と、打ち合わせ時に図面を持参することを快諾頂いたのです。

・・・。
信頼感が更に増しました。


A社に感謝するとともに、A社にとっても『とある工務店の出力物』という観点で何らか今後の参考となれば、おとだ家としても嬉しく思います。

設計担当者のありがたいご配慮に感謝しつつ、次回の打ち合わせに臨みます。


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

初めまして。
昨年、HM4社の相見積もりを行い自宅を建てたものです。
昨年の相見積もり時に驚いたこととして、一番不利だったHMが最後に言った言葉。

「お気に入りのHMさんの図面と同じ間取りで検討させてくれませんか?」
「金額も、必ずお安くします。」

この言葉を聞いて、
「建築かとしてのプライドは無いのか?」
「こんな後出しジャンケンみたいなことが、この業界では当たり前?」
なんて思いました。

結局は、このHMは選びませんでしたが、後で考えれば、設備等が同じ仕様なら魅力を感じる人も多いのではとも思いました。

cmありがとうございます。

幸い、今回再度お願いすることにしたA社さんに関しては、その点は大丈夫です。
詳しくは訂正記事にも書いてみましたので、宜しければごらんください。

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。