FC2ブログ
Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NEOおとだ邸』実現に向けて…クリアすべき課題!

秀逸の再作成プランに、おとだ家の気持ちもかなり高揚!

なのですが…
実現には当然『課題』もあります。

まず間取り上での課題として、2階LDKに接した「バルコニー」。

キッチン背面とリビング横、計2箇所に比較的小さめのバルコニーが配置されています。
それぞれ、想定する用途がありましたが、両方とも面積が小さめなので、特に洗濯物を干すような場合では、幅・奥行が足りません…。

それならば、バルコニーを1箇所に集中させ、幅・奥行を確保することで利便性高いものにしてはどうか?
これも検討中ですが、『建築面積』が変わってくるため、具体的には設計の方とすりあわせが必要です。


もうひとつの課題。
それは『予算』です。


たしかに1階、2階の満足度の高い間取りに加え、ルーフバルコニーや塔屋なども実現できれば、当初おとだ家が思い描いていた理想の家にかなり近づくのですが、ルーフバルコニーの有り無しだけでも、施工面積にして約3坪ほどの差が出てしまいます。


施工面積3坪…。
坪単価で概算したとしても、3坪の価格差は『デカい』です…。


でも簡単には諦めたくはありませんし、これから建物本体以外に掛かってくるコストの事も想定しておかねばなりません。


…。
おとだ家の方針を決定。

まずは、今後掛かると想定しているコストが、実際どれくらい掛かるか、現時点でわかるコストを明確化することにしました。


現在想定しているコストが、実は想定以下の費用で済むようならば、その分を建物本体に充当する、という考え方もできます。

おとだ家ではそのような想定コストのうち、大きめに見積もっているものがあります。

『地盤補強工事費』です。


元々、おとだ家の建築予定地周辺のエリアは地盤改良を必要とする箇所が多いようなのです。
ですので、資金計画検討のかなり初期段階から、ある程度の『地盤工事費』が必要だろう、と思っていました。


今回、NEOおとだ邸の大まかな建物規模や間取りが決定しつつあるので、このプラン内容を基にして『地盤調査』を行うことができます。(建物規模や間取りが無いと、ボーリングして強度調査するポイントが決まらないので、地盤調査ができません)


地盤補強が果たして必要か?そしてその規模は?

まずは、これを調べてみたいと思います!


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。