FC2ブログ
Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジンワリ』…おとだ家地盤調査結果報告

今日は工務店との打ち合わせでした。

先日行われた地盤調査の結果報告書を頂く事になっています!

取り急ぎの結果報告として「地盤改良の必要アリ」と聞いていますが、いったいどれほどの改良が必要なのか…。
建物の規模を決定するためにも、改良工事の規模感は重要です!

工務店に到着。おとだ家を担当してくださっている設計さんがいつものように出迎えてくれました。

あいさつもそこそこに、地盤調査結果の報告書の説明が始まりました。
IMG_1640.jpg

スウェーデン式サウンディング調査は、サウンディングという名の通り、『音』を聞いて地質の状態を検査する、という意味も含まれているそうで…。何とも興味深い調査方法です。

ロッドの先端にスクリューポイントを設けて調査地点に垂直に立て、荷重を掛けてロッドの入り具合を記録していく方法です。(とてもざっくりいうと)

軟弱な地盤では、この時荷重だけでロッドが入り込んでしまうようで、調査ではこの状態は『自沈』と記録され、地盤の状態としては良くないという判定になってしまうようです。

うーむ。なるほど…と話を聞いた後見せていただいたおとだ家の調査結果の詳細。
IMG_1641.jpg

…。
ぬおー!『自沈』の項目のオンパレード!
何ということだ…。

しかも、記事項目には『ジンワリ』の文字!
これがサウンディング記事です。

この記事内容は調査員によって変わる事もあるようですが、『自沈』+『ジンワリ』…。
つまりは『ゆるい地盤状態』だというのは間違いないようですね…。

今回、想定の建物ブランの4隅+真ん中の計5箇所で調査しましたが、どの測定ポイントでも概ね同じ結果となりました。

各調査ポイントでの結果数値のレポートを総括して『地盤判定書』という書面が最後にまとめられていました。

…。
おとだ家の土地は、

『基礎下から5.0mの範囲で自沈層が連続して介在』
『推定地下水位も高い』

ことにより、地盤が不安定な状態ということでした。
このままおうちを建てたら、間違いなく『自沈』してしまいますね…。


ということで、結果から地盤改良は必須となってしまったのですが、まだ概算費用が出ていません。

地盤工事は複数業者からの相見積もりを取って最終的に選定しますが、工務店の設計さんの話では、工法や費用などを考えて、大体『90万円』くらいでは?という試算でした。

うーむ。90万…。
今後のおとだ家プランの規模をどのように考えるか…。
悩みどころです。


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。