Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンワリ地盤に建てる家…おとだ家プランの方向性!

前回の記事の通り、おとだ家の土地は地盤調査の結果、改良工事が必要な強度であることが判明しました…。


現在、改良工事費用については複数業者に見積依頼中ですが、大体100万に届かない位の費用感を覚悟したほうが良さそうです…。


現在相見積中ですが、大体この100万は念頭に入れたプラン決定が必要です。(おとだ家の想定プランについてはこちら)。


工務店との打ち合わせでは、地盤改良工事の規模感を聞いた上で、プラン方向性を決める必要がありました。

『ロフト付きプラン』と、『ロフト+ルーフバルコニー付きプラン』、どちらで設計を進めるか?

当然施工面積が変わるため、その分予算に跳ね返ってきます。

…。
いろいろな検討を重ねた結果、『ロフト+ルーフバルコニーつきプラン』で、設計を進める方向性となりました。


費用面の違いは大きいのですが、これまでの物件見学などからどうしても作りたい!と思うようになったルーフバルコニー。地盤調査の結果いかんでは、諦めようと思っていました。


今回、当初想定していた地盤改良工事の規模と大きく変わらなかったこと、ルーフバルコニー付きプランに妻も理解を示してくれたこと、それらを踏まえ工務店にこのプランでの進行をお願いしました。


…。
『いいのか?』という気持ちがあったのも事実ですが、『やはり建てるならこっちにしたい!』という思いが最後までありました。


工務店の設計さんにもその旨を伝え、建物本体の概算見積を算出してもらうことにしました。
(昨年末に提示を受けたプラン費用からの、+αの費用規模は概算では聞いています。)


次回の打ち合わせでは建物本体の概算費用と建物立面図など、詳細設計段階の出力物が出てきます。。
(感慨深いです…。ここまで来れたかと思うと)


ここからは、理想と現実の鬩ぎ合い…。
まずは工務店から出てくる、建物本体の費用規模を見てみたいと思います。


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。