Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁が決まりましたよ!

先週より、いよいよ家づくりの『詳細打ち合わせ』がスタートしました!

第1回目の打ち合わせでは建物の外部仕様を決めていきます。

まずはじめに…。
「外壁」。

おとだ家の外壁の希望は、ズバリ「濃紺!」です。

濃紺の外壁に白い窓枠…このカラーバランスの佇まいを頭の中で描いています。
そのためには、濃紺という色合いを出せる外壁素材にする必要があるのですが…。

この「濃紺」というのが、色サンプルにありそうでないんですよね~

外壁材として現在考えているのは、耐候性に優れ、施工のしやすさでコスト的にもCP高いと思われる、アイカ工業の「ジョリパット」です。

ジョリパットのサンプルを工務店で見せてもらっていましたが、どうも「紺」の濃さが足りない…。
しかも日光があたると、少し白っぽい紺に見えてしまいます。

『濃紺って色は出せませんかね~』

前回の下打ち合わせで見せてもらったジョリパットの紺色サンプル。裏の色表記を見ると「限界色」という文字が!
※限界色とは、その色合いで出すことができる限界の濃さ、ということのようです。

…。
ということは…。これ以上濃い色は出せない?


しかし、詳細打ち合わせ第1回のこの日…。

『サンプルを作ってもらいました!』

見ると、おとだ家の「濃紺」リクエストを受け数枚のサンプルが!
設計さんが業者さんに早速サンプル作成依頼をしてくれていたのです。

1枚は若干黒めに倒れた色合いで、もう1枚は濃いが若干緑がかった色合い…。
やはり難しいのかな?と思いつつ最後の1枚を見たら…

できていました。
おとだ家が求める「濃紺」のジョリパットが!

色は文句なし。
前回見たカラーサンプルの「限界色」から格段に濃さが増した紺色でした。
(当然既存の色には無く、色調整した特注ですが…)

濃紺にするには外壁材を変えないとダメか、とも考えていたので、サンプルを見るなり、おとだ家「即決」でした!

仕上げは、左官仕上げやテクスチャ風など、多くのバリエーションがあり、本当はおとだ家は「左官仕上げ」にしたいと思っていましたが、通常の吹きつけタイプのものと、2倍以上もコスト差があることを聞き、断念しました。

吹きつけタイプの風合いも結構よかったですし。2倍以上コストをそこに掛けるのももったいないので、通常の吹きつけ仕上げタイプにしました。

外部仕様の第1項目「外壁」、無事決定です!!
(サンプルの画像は、後日Upします。)


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『元気の源』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。