Info
プロフィール

おとだ

Author:おとだ
都内に勤める40代の
サラリーマン。
妻と二人の息子の計4人で「夢」の注文住宅を建てました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるフラット35Sの残り原資…

機構の再審査が無事通り、ほっと一安心。
さっそく週明け、「つなぎ融資期間延長契約」を締結します。

建物の竣工予定は来年の3月。
建物完成までに数回融資を受け、完成時に残金の融資を受け、その総額を機構側が買い取る形の融資です。

これであとは建物の計画に邁進!と思っていますが、ふとした疑問が。

「フラット35Sっていつ申込すればいい?」

フラット35の申込自体は済んでいますが、Sの利用については基準があるので、明示的に別途申し込みが必要なのだと何となく思っていました。

しかも以前に触れた「フラット35Sの募集金額の原資」の話もあって、原資が無くなれば募集終了、という恐れもあるので、前倒しで何か出来るなら早めに動きたい、と思っていました。


でも…。
銀行の担当者にその旨話したところ、おとだの取り越し苦労でした…。

今回のつなぎ融資の申込・契約を以て、すでにフラット35Sの申込も完了しているとのこと。
(おとだ家は長期優良住宅仕様の建物による「20年引き下げ型」を利用する旨を話していたので、その申込も完了していました。)

でも、申込が済んでいる=使えるというわけでは無いようです。(使う権利を持っている、という事)

建物が完成して、融資額が機構側に買い取られるタイミングで、フラット35Sの募集金額に到達していたら、長期金利引き下げを利用することができません。

なので、この後出来るのは…。
「Sの募集金額に到達していない事を、日々祈る事」?くらいですかね。。

※ちなみに募集金額到達と終了については、3週間前にフラット35のWebサイトに掲載されます。毎日チェック中!!

しかしなぁ…。
本当なら、融資の審査が通って契約締結された時点で原資確保されると考えたいところなのですが…。
そこはどうも機構側の話ということで、銀行側もわからないようです。


いつもご覧いただきありがとうございます!
お帰りの際に、『ぽち』を頂けると嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AccessCounter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。